アプリケーションの設定

5. phpMyAdminデータベースの追加登録

5.phpMyAdminデータベースの追加登録

  • 本ガイドは、 phpMyAdmin バージョン 4.6.4 の設置方法です。
  • phpMyAdmin の 設置・利用に関してはサポート対象外となります。
  • 共用サーバーにてすべての動作を保障するものではありません。
  • データベースを1つだけ運用しているお客様は、以下の操作は必要ありません。
  • 複数のデータベースをお使いの際に、ご参照ください。

 

共用サーバーSDにFTP接続し、設定ファイルの作成に使用した phpmyadmin/setup/index.php ファイルのパーミッション設定を「700」に変更します。

 

index.phpファイルをクリック > コマンド > 属性変更 > 属性に「700」を入力 > OK 

 

 

脆弱性対策のため、「config」フォルダのパーミッション設定を「000」に

 変更された場合は「700」に変更ください。

 

 

 

既にphpMyAdminを運用中の方はphpmyadminフォルダ内に「config.inc.php」ファイルが

 設置された状態だとエラーが発生する可能性がございますので、

 「config.inc.php」ファイルをリネームされるか削除されるなどして無効化をお試しください。

 

https://ドメイン名/phpmyadmin/setup/ にアクセスしてください。

下記の画面が表示されます。前回の設定ファイルを読み込むため、「設定ファイル」の「保存する」をクリックします。 

 

 

 

「新しいサーバー」をクリックします。

 

 

 

 

「基本設定」タブ、及び「認証」タブにてphpMyAdminで管理するデータベースの設定を入力します。

 

 

このサーバーの詳細な名前 コントロールパネルで作成したデータベースの「ホスト名」
サーバのホスト名 コントロールパネルで作成したデータベースの「ホスト名」

 

 

config認証用のユーザ (空白)

 

 

 

 

「サーバー設定」タブメニューにてphpMyAdminで管理するデータベースの設定を入力し「Apply」ボタンをクリックします。

 

リスト化したデータベースだけを表示する

コントロールパネルで作成したデータベースの「データベース名」

 

 

 

「デフォルト言語」を「日本語」に変更し、「保存する」をクリックします。

 

 

 

共用サーバー SDにFTP接続し、 「phpmyadmin/config」フォルダの下にある「config.inc.php」ファイルを一度ダウンロードします。その後、「phpmyadmin」フォルダの下にアップロードします。

 

 

 

 

 

 

脆弱性対策のため、「config」フォルダのパーミッション設定を「000」に変更してください。

 

configフォルダをクリック > コマンド > 属性変更 > 属性に「000」を入力 > OK

 

 

 

 

 

設定ファイルの作成に使用した phpmyadmin/setup/index.php ファイルのパーミッション設定を「600」に変更しておきます。

 

index.phpファイルをクリック > コマンド > 属性変更 > 属性に「600」を入力 > OK

 

 

 

https://ドメイン名/phpmyadmin/ にアクセスし、それぞれのデータベース情報でログインしてください。