コントロールパネル

HOME

基本操作

プリンタの利用

リモートデスクトップの印刷機能を利用することにより、

Windowsデスクトップ上での印刷を、自分のパソコンに接続されたプリンタに

出力することができます。

 

 

 

※Windows7/Vistaの設定方法になります。

 

自分のパソコンにて、[Windowsロゴキー(スタート)] - [すべてのプログラム]

  - [アクセサリ]- [リモートデスクトップ接続]の順でクリックします。

 

 

 

リモートデスクトップ接続画面が表示されましたら、「オプション」をクリックします。 

 

 

 

 

オプションの設定画面が表示されましたら、「ローカルリソース」タブ⇒「詳細」タブをクリックします。

 

 

 

 

 

「プリンター」にチェックを入れます。

 

  これで、Windowsデスクトップから自分のパソコンに接続された

 

  プリンターに出力ができるようになります。 

 

  チェックを入れたら、「全般」タブをクリックします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

接続情報の入力欄が表示されますので、Windowsデスクトップの

 

  IPアドレスとユーザー名を入力し、「接続」ボタンをクリックします。

  

  

  接続情報の確認はこちら

 

 

 

 

 

 

 

確認画面が表示されましたら、「接続」をクリックします。

 

  

  ※「このコンピューターへの接続について今後確認しない」にチェックを入れることを

   おすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

接続が確認できましたら、Windowsデスクトップ上でお客様のパソコンに接続されている

 

  プリンターが認識されているか確認します。

 

 

  Windowsデスクトップ上で[Windowsロゴキー(スタート)]

 

  - [デバイスとプリンター]をクリックします。

 

 

  

  

 

 

 

 

 

 

 

下記のようにプリンターが表示されていれば、プリンターの利用が可能です。

 

 

 

 ※「お客様のパソコンのコンピューター名+(リダイレクト)という表示になります。

 

 

  

 

 

 

 

 

 

Windowsデスクトップ上で印刷する際のプリンター指定において、

 

上記プリンターを指定することで、印刷できます。

 

 

 

上記にてプリンタが確認できない場合は、プリンタードライバーの

 

  インストールが必要です。

 

 

  Windows標準のプリンタドライバーで動作しないプリンタについては、

 

  個別にWindowsデスクトップ上に、プリンターのドライバーをインストール

 

  ください。

 

 

  インストール方法は通常のパソコンと同じインストール方法になります。

 

 

  各プリンタードライバーのインストール方法につきましては、プリンターの提供元へ

 

  お問い合わせください。

 

 

  

  ドライバーのインストール後は、一度Windowsデスクトップの再起動をおすすめします。

 

 

  注意事項:ドライバーは、Windows Server 2008 R2 Standardに対応したドライバーを

 

         インストールしてください。

 

         接続先プリンターは、LPT1: (プリンター ポート)を指定してください。

 

  Windowsデスクトップの再起動後に、再度上記からの手順で接続し、

 

 

  確認してください。