FTPクライアントソフトの設定

HOME

リモートデスクトップ

Windows7/Vistaリモートデスクトップオプション設定

リモートデスクトップのオプション機能を利用することによって、

いろいろと便利な機能が利用できます。

 

 

WindowsXPをご利用のお客様はこちらになります。

 

 

リモートデスクトップに接続を起動します。

  ※[ スタート ] - [ すべてのプログラム ] - [ アクセサリ ] -[ リモートデスクトップ接続 ] 
 

 

 

リモートデスクトップの接続画面が表示されましたら、

  

  「オプション」⇒「画面」をクリックし、設定画面を表示します。

 

 

 

 

 

 「画面」タブが表示されましたら、

  

  画面サイズと画面の色を設定します。通常はサイズを一番右(大)に、

 

  画面の色は最高品質(32ビット)に設定します。お好みや接続環境により

 

  変更してください。

 

 

設定が終了しましたら、「ローカルリソース」タブを

クリックします。

 

 

 

「ローカルリソース」タブが表示されましたら、

 

  利用するデバイスの設定をします。

 

  リモートオーディオ :  リモートデスクトップ上で再生した音声を手元の

                  パソコンで出力する場合には、「このコンピューターで再生する」に

                  に設定します。

    

  キーボード  : 組み合わせキー(Alt + Tabなど)の適用先を選択します。

              通常は、「全画面表示モードのみ」に設定します。

 

  プリンター  : チェックを入れると、Windowsデスクトップ上から手元の

            パソコンに接続されているプリンターに印刷をすることができます。

 

  クリップボード  : チェックを入れると、Windowsデスクトップと手元のパソコンの間で、

              コピー&ペースト機能を利用出来るようになります。

 

               

 

その他の機能を利用する場合は、「詳細」をクリックします。

 

「詳細」の画面が表示されましたら、

 

  利用するデバイスにチェックを入れます。

 

 

  スマートカード  : 電子マネーなどのスマートカードリーダーを利用する場合に

               チェックを入れます。

 

  ポート       : シリアルポートに接続されたデバイスを利用したい場合に

               チェックを入れます。

 

  ドライブ      : チェックを入れると、Windowsデスクトップ上から手元のパソコンの

               Cドライブなどに接続できます。

  

  その他のサポートされているプラグ&プライ(PnP)デバイス

             : 手元のパソコン接続されたデジタルカメラ(PTP:Picture

               Transfer Protocol)、ポータブルメディアプレーヤ(MTP:Media

               Transfer Protocol)などを利用する場合にチェックを入れます。

  

 

 

 設定が終了しましたら、「OK」をクリックします。

 

 

次に、リモートデスクトップのパフォーマンス調整を行いたい場合には、

 

  エクスペリエンスをクリックし、接続速度をプルダウンで選択します。

 

  お客様のインターネット接続環境によって、調整することができます。

 

  ※なお、「プログラム」タブにつきましては、Windowsデスクトップでは、

  利用できません。

 

 

 

 

 

次にサーバー認証に関する設定をする場合に、「詳細設定」をクリックします。 

 

 

「詳細設定」タブが表示されましたら、

 

  サーバー認証に関する設定をプルダウンから選択してください。

 

  通常は、「警告メッセージを表示する」を選択します。

 

 

 

 

 

 

 

 「任意の場所から接続する」につきましては、設定を変更する必要はありません。

 

 

 以上で、リモートデスクトップのオプションのご案内は終了です。

 

 

なお、全てのデバイスの動作を保証するものではございません。

 

個別のデバイスの動作に関しては、サポート対象外となりますので、

ご了承ください。