HOME

FreeBSD 10

  •  FreeBSDはvirtioをOFFでインストールしてください。ONの場合は、デバイスが認識できないためインストールが途中で停止します。

     

  •  標準OSの初期状態からのインストール手順になります。他のOSインストール後などカスタマイズ後からは手順が異なる場合があります。         

     

     
  •  インストール方法につきましては、サポート窓口ではご案内しておりませんのでご了承ください。

 

 

FreeBSD10のインストール手順をご案内します。

 

コントロールパネルの手順はこちら

 

 

起動するとインストーラー画面がリモートコンソールに

  表示されますのでEnterを押して進みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 キーボードを選択します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キーボードの入力テストを行い、問題なければOKで進みます。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ホスト名を入力します。

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

パーティションの設定です。

必要な場合は変更してください。

この手順では、そのまま進みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

rootパスワードを入力します。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイムゾーンを選択します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

boot時に起動するサービスを選択します。

必要な場合は、チェックを入れてください。

この手順では、デフォルトのまま進みます。



 



 

ユーザーを作成します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Noを選択して、インストール作業は終了です。

ここで手順を一旦止め、イメージファイルを取り出します。
 

 

 

 

コントロールパネルでイメージファイルを取り出してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

取り出しに失敗する場合は、一度電源OFFボタンで

停止してから取り出してください。

 

 

リモートコンソール画面に戻って「Reboot」を選択するとFreeBSDが起動してきます。