コントロールパネル

HOME

コントロールパネル

迷惑メールフィルター

迷惑メールフィルターとは、迷惑メールの98%以上をブロックしながら、誤検知率は

ほぼゼロの高精度の迷惑メールフィルターです。学習型フィルターなので、リアル

タイムに最新の脅威をブロックします。設定の自由度が特徴です。

 

なお、迷惑メールフィルターを利用いただくと条件フィルターは有効となりませんので

現在、条件フィルターをご利用の場合は設定内容を迷惑メールフィルターのリストに

コピーしてご利用ください。

 

※世界最高水準のCLOUDMARK社提供の「Cloudmark Authority 」採用

 

 

 

「迷惑メールフィルター」をクリックしてください。

 


 

 ※オプション申込みがされておりませんとエラーが発生します。サーバーNaviにログイン

  いただき、オプション追加より迷惑メールフィルターをお申し込みください。

 

 

 

 

 

メールアドレスが作成されている対象のドメインをプルダウンメニューより

  選択いただき、対象メールアドレスの「変更」をクリックしてください。

 

 

 

 

「フィルター設定をONにする」にチェックを入れ、「判定時の動作」を

  選択いただき、個別に設定が必要であれば設定されたいメールアドレス

  またはドメイン名をホワイトリスト(受信設定) / ブラックリスト(受信拒否)に

  入力してください。

 

 ※ リストが未設定の場合でもCLOUDMARKのフィルターにより、迷惑メールは

   ブロックされます。なお、迷惑メールフィルターをご利用いただく際は、お客様

   領域に「Spam」というフォルダを作成させていただき「迷惑メール」フォルダと

   して稼動する仕様となります。

 

 

 

 

■判定時の動作

 

 件名に[spam]を追加する

 

 CLOUDMARK社のフィルターにて迷惑メールであると判断したメールの件名に[spam] を

 付与して、受信箱に配送となります。

 


 迷惑メール(フォルダ)に隔離する

 ※隔離したメールはWebメールで閲覧できます。

 

 

 「迷惑メール」フォルダが自動に作成され、CLOUDMARK社のフィルターにて迷惑メールと

 判断したメールを隔離します。

 

 

 隔離されたメールはPOP接続で受信できません。WebメールもしくはIMAP接続で

 メールの確認をお願いします。              WEBメールの活用について

 

 

 ※判定時の動作内容を変更する場合は、一度フィルター設定を解除いただき、再設定が

  必要となります。

 

 

■リスト設定

 

 改行する事により各リストへ最大200件まで入力できます。ホワイトリストを優先的に判断

 する仕様となります。

  

 設定時、下記状況によりエラーが発生する場合がございます。

 ・ブラックリストとホワイトリストに重複がある

 ・ドメイン名やメールアドレス以外の入力がある

 ・200件以上の入力がある

 

 

1.ドメイン単位やサブドメイン単位で設定する場合

 

例) example.com

 

hoge@example.com というメールアドレスに対してドメイン単位で設定したい場合、 example.com をご入力いただくことで @example.com に対して設定することができます。

 

また、 hoge@mail.example.com というメールアドレスに対してサブドメイン単位で設定したい場合、 mail.example.com を設定いただくことで @mail.example.com に対して設定をすることができます。

 

2.特定のドメインに関するすべてのメールを設定する場合

 

例) .example.com

 

ドメイン名の前に . (ドット)をご入力ください。 サブドメイン付きを含む、 example.com に

関するすべてのメールアドレスを設定することができます。 

 

 

 

 

内容をご確認いただき、「決定」をクリックしてください。

 

 

 

 

 

設定が完了しました。