メールクライアントソフトの設定

HOME

メールクライアントソフトの設定

Mac(OS X 10.9)Mailの設定

 コントロールパネルでメールアカウントを作成後、実際にMac(OS X 10.9)Mailで

メールを送受信するための設定方法についてご説明します。

 

 

 Mailを起動します。

 

メールアドレスが何も登録されていない場合、下記の画面が表示されます。

「その他のメールアカウントを追加...」を選択し、「続ける」をクリックします。

 

 

 

 

※上記の画面が表示されない場合は、メニューバーの「メール」-「環境設定」を選択します。

 

 

※アカウント画面が表示されます。

 画面左上の「アカウント」を選択し、左側のアカウント一覧の下に表示されている下にある「+」を

 クリックします。

 

 

 

 

 アカウント追加画面が表示されます。

   下記の表を参照し、各項目を入力し、「作成」をクリックします。

 

 

 

 

氏名

お名前

※ここで入力した表示名は差出人名になります。

メールアドレス

お客様の「メールアドレス」

※半角入力

パスワード

コントロールパネル記載のメールのパスワード

※半角英数字で入力

 

"アカウントを手動で設定する必要があります"と表示された場合は、「次へ」と

と進んでください。

 

 

 

 

 「受信用メールサーバの情報」画面が表示されます。

   下記の表を参照して各項目を入力し、「次へ」をクリックします。

 

 

 

 

アカウントの種類 POP
メールサーバ

【pop.ドメイン名】

※または、コントロールパネルの【サーバー情報】にて

 確認いただけるPOPサーバー名

ユーザ名

お客様のメールアドレス

※半角入力

パスワード

コントロールパネル記載のメールのパスワード

※半角英数字で入力

 

 

※エラーが表示されるなど、設定がうまくいかない場合は、パスワード等、

 入力内容に 誤りがある可能性があります。入力内容をご確認の上、

 再入力をお試しください。

 

「メールアドレス」「パスワード」はコントロールパネルの【メール設定】>

【メールアカウント】よりご確認いただけます。

 

「証明書を検証」の画面が表示された場合は、そのまま「接続」を選択して

ください。ご利用サービスの性質上、警告画面が表示されますがセキュリティ

に問題はございません。

 
 
 

 

 

 

 

  「送信メールサーバーの情報」画面が表示されます。

   下記の表を参照して各項目を入力し、「作成」をクリックします。

 

 

 

 

 

 

SMTPサーバ

smtp.ドメイン名

※または、コントロールパネルの【サーバー情報】にて 確認いただけるSMTPサーバー名

ユーザ名

お客様のメールアドレス

※半角英数字入力

パスワード

コントロールパネル 記載のメールのパスワード

※半角英数字で入力

 

 

「証明書を検証」の画面が表示された場合は、そのまま「接続」を選択してください。

 ご利用サービスの性質上、警告画面が表示されますがセキュリティに問題はございません。

 

 

 

 

 

 メールアドレスの登録が完了したら、再度設定を修正します。

    メニューバーの「メール」-「環境設定」を選択します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アカウント画面が表示されますので、画面左上の「アカウント」を選択してください。

   「アカウント情報」の画面にて、送信用メールサーバー(SMTP)の項目をクリックし、

   「SMTPサーバリストを編集」を選択してください。

 

 

 

 

 

 

 送信用サーバの設定をします。

   アカウント情報が選択されている状態で、「サーバ名」の項目に「smtp.ドメイン名」

   が入力されていることをご確認ください。

   ※「TLS証明書」は「なし」をご選択ください。

 

 

 

 

 

 「詳細」をクリックし、下記を参照してご入力内容を修正してください。

   カスタムポートを選択し、「587」を入力します。

   「SSL(Secure Sockets Layer)を使用」のチェックは外します。

   入力内容をご確認のうえ、完了しましたら「OK」ボタンをクリックしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 アカウント画面に戻りましたら、下記のとおり「詳細」を選択します。

   こちらで受信用サーバの設定を修正します。

   「SSLを使用」のチェックは外し、「認証」はパスワードを選択してください。

 

 

 

 

 

 

 

ポート 110
SSLを使用 チェックなし
認証 「パスワード」が選択されていることを確認します

 

 

※「メッセージ受信後にメッセージのコピーをサーバから削除」は、お客さまの

 ご利用にあわせてチェックし、期間もあわせてプルダウンメニューから選択します。

 なお、こちらをチェックされませんと、サーバーのメール容量の逼迫に繋がり

 ますので、設定されることを推奨いたします。


以上で設定完了です。画面左上の閉じるボタンをクリックしてください。


※エラーが表示されるなど、設定がうまくいかない場合は、パスワード等、入力内容に

 誤りがある可能性があります。入力内容をご確認の上、再入力をお試しください。


「メールアドレス」「パスワード」はコントロールパネルの【メール設定】>【メールアカウント】より

ご確認いただけます。