メールクライアントソフトの設定

HOME

メールクライアントソフトの設定

Windows Live Mail 2009 の設定

コントロールパネルでメールアカウントを作成後、実際にWindows Live Mail 2009で

メールを送受信するための設定方法についてご案内します。

 

 

 WindowsVista/7 の設定方法についてはこちらをご覧ください。

 

 

 

※Windows Live Mail をインストールしていない場合には、こちら から

    ダウンロードしてインストールしてください。

 

 

 

Windows Live Mail を起動します。

 

  スタートメニュー >  Windows Live メール をクリック

 

 

 

 

WindowsLiveMail が起動したら、アカウントを登録します。

  

  上部メニュー > ツール > アカウントをクリック

 

 

 

 

 

アカウント登録画面が表示さたら、「追加」をクリックします。

 

 

 

 

 

 

アカウントの追加画面が表示されますので、「電子メールアカウント」

  を選択し「次へ」をクリックし進みます。

  

 

 

 

 

アカウント追加画面が表示されましたら、アカウント情報を入力し

  「次へ」をクリックします。

 

電子メールアドレス お客様のメールアドレス
パスワード メールアドレスのパスワード
表示名 宛名として表示する名前
手動でサーバー設定を構成する チェックを入れる

 

 

 

 

 

 

メールサーバーの設定をします。

 

 

受信サーバーの種類 POP3
受信サーバー pop.メールアドレスのドメイン名(例: pop.example.com)
受信サーバーのポート 110
ログインに使用する認証 クリア テキスト認証
ログインID 設定するメールアドレス
送信サーバー ご利用のプロバイダーのSMTPサーバー
送信サーバーのポート 25

 

   ※共用サーバーSDの送信(SMTP)サーバーをご利用の場合には、

   送信サーバーのアドレスを、「smtp.ドメイン名」(例:smtp.example.com)に、

   送信サーバーのポートを「587」に,「送信サーバーは認証が必要」にチェックを入れます。

 

 

 

 

 完了画面が表示されたら、設定は終了です。