接続方法

Windows Server リモートデスクトップ(RDP)接続方法

Windows ServerオプションでWindows Serverを利用する際の、リモートデスクトップ(RDP)接続方法についてご案内します。

※Windowsに標準搭載されているアプリケーション「リモート デスクトップ接続」での接続方法をご案内しますが、その他のRDP接続アプリケーションで接続する際には、各設定項目に準じて読み替えて設定を行ってください。

なお、リモートデスクトップ(RDP)機能につきましては、仮想デスクトップ用途でのご利用は不可となります。サーバー管理目的のみでご利用ください。
仮想デスクトップ用途でのご利用をご希望のお客様は、「お名前.com デスクトップクラウド」のご利用をご検討ください。

1.「リモート デスクトップ接続」を起動

「スタート」から、 [ すべてのプログラム ] > [ アクセサリ ] > [ リモートデスクトップ接続 ]と選択してください。

リモートデスクトップを起動

2.「オプションの表示」をクリック

「オプションの表示」をクリック

3.「コンピューター名」と「ユーザー名」をクリックして【接続】をクリック

接続先の情報に下記の内容を入力して、【接続】ボタンをクリックしてください。

・コンピューター名:接続先サーバーのIPアドレス
・ユーザー名:Administrator

なお、接続先情報の確認方法は こちら をご確認ください。

「コンピューター名」と「ユーザー名」をクリックして【接続】をクリック

4.接続先確認画面が表示されるので、【接続】をクリック

【接続】をクリック

5.資格情報入力画面で「パスワード」を入力し【OK】をクリック

パスワードに「初期rootパスワード」を入力して【OK】をクリックしてください。
パスワードをお客様にてご変更されている場合は、変更後のパスワードを入力してください。

なお、初期rootパスワードの確認方法は こちら をご確認ください。

「パスワード」を入力し【OK】をクリック

6.セキュリティ証明書に関する画面で【はい】をクリック

証明書に関する画面で【はい】をクリック

7.サーバーへのリモートデスクトップ接続完了です

リモートデスクトップ接続完了

トップに戻る